知らなきゃ損!タイ旅行は50代からこそ楽しめるツアーがおすすめ!

よく、50代からの海外旅行はヨーロッパとか、オーストラリアが人気なそうです。

そして最近は、東南アジア諸国、特にタイ旅行も人気急上昇中です!

「タイ料理や、東南アジアのナイトマーケット、タイの歴史やアートを見てみたい!」という方が、多いですね。

今回は、実際にタイに長期滞在をしていた経験や、現地人からの視点から、50代からのタイ旅行の魅力をご紹介してみたいと思います。

タイの物価は安い!コストパフォーマンスが高くて満足できる!

50代からのタイ旅行が魅力的なのは、プチリッチな旅行が安くできちゃうところです。

よく、東南アジア旅行は学生の節約旅行をするところだと思う方は多いのですが、その一方で50代の方はプチリッチな旅行を楽しみにタイ旅行をする方が多いです。

学生とは違い、50代のタイ旅行ではハイクオリティーにこだわって旅の思い出を作れるところがおすすめです。

  1. プール付きホテルのクオリティーを高くできる
  2. 毎日のようにタイ料理も有名店で食べることができる
  3. ハイクオリティーのタイマッサージも日本よりも安く楽しむことも可能
  4. リバーサイドやスカイバーなど最高のロケーションで食事やお酒をたのしめる
  5. 移動もタクシーを毎回使えるので、終電などを気にすることもない
  6. タイの伝統芸能や歴史を楽しめるところがたくさん!
  7. ゴルフなど日本人が楽しめるスポットが沢山ある
  8. タイのマーケットで面白いものを安く買える
  9. 距離的に綺麗なビーチへ行きたい時にすぐに行けちゃう

これだけ、いろんなことがあると調べるだけでも大変ですよね?

現在、40代、50代、60代、70代の方に、ハイクラスな旅行ツアーを提供しているクラブツーリズムがかなりおすすめです!

今、40代~70代の方の海外旅行ブームが来ているのですが、その中でも非常に評価が高いツアーです!

癒しのタイ旅行は50代から楽しめる!

せっかく、海外旅行をしたときくらいいいホテルに泊まりたいですよね?

ヨーロッパ旅行やオーストラリア旅行で、プール付きの良さげのホテルに泊まると結構いい値段しちゃいます。

ホテルのコストパフォーマンスという点では、バンコクのホテルはすっごくおすすめですよ!

平均して、タイ旅行を50代でする方は1週間~2週間くらいです。

そして、ホテルの予算は一日7000円~8000円くらいで、できれば一万円を切りたいという感じ。

バンコクであれは、一日7000円~8000円のホテルで、プール付きで家具などもセットされている、高評価のホテルで過ごせちゃいます!

ちなみに、こちらはBooking.comで高評価のホテルは「ホテル ロイヤル バンコク アット チャイナタウン」です。

ちなみに、バンコクに訪れたら一度はいく、バイヨークタワーもおススメです!

バイヨーク スカイ ホテルから夕焼けを見ながら、タイ料理をいただくのは至福の時です。

コチラのホテルも、Booking.comで簡単に予約できちゃいます!

ホテルにプールやジムがついている、ホテルやディナーをスカイバーで楽しめちゃうホテルなど、それも最高の思い出を作れるシチュエーションばかり。

こういった、ハイクオリティーなホテルに1万円以下で泊まれちゃうってすごくないですか?

こういうプチリッチな気分を味わえるところが、タイ旅行の魅力です!

有名タイ料理店やおいしい日本料理店もたくさん!

長年タイにタイ人の妻と滞在してきましたが、バンコクにはホントに美味しいレストランがたくさんあります!

海外旅行でこそ、おいしいもの、普段食べることがないようなものを食べたいですよね!

日本人がタイを大好きになる理由として、結構あるのがタイ料理がすき、おいしいからといったことも聞きます。

パッタイや、ソムタム、トムヤムクンなどタイ料理全般を扱ったレストランももちろんありますが、現地でこそ味わえる専門店も多数あります。

「パッタイならあの店」、「トムヤンクンならこの店」といった、お店選びも旅の醍醐味で楽しめますよ!

ちなみに、おすすめタイ料理はコチラでまとめて紹介しております!

もちろん、メインディッシュだけでなく、タイデザートもおもしろくて、おいしいものが沢山あります!

個人的におすすめなのが、タイティーですね!

大人から子供まで、現地で飲まれている伝統的な飲み物です!

こうした、タイではこうしたお店を営む方が社会的に非常に多くて、一つ一つの名物を専門店で楽しめるのがタイ旅行ならではの魅力です!

タイ旅行は癒しの極致!タイマッサージで日ごろの疲れをとばす!

最近、日本でも健康にいいということから、タイマッサージの人気が高まっていますが、タイでは日本でうけるよりも安くマッサージを受けることができます!

個人の好みなので「いい」「わるい」は決めがたいですが、本場のタイマッサージは全身の筋肉で凝ったところを、のばしきってくれて、マッサージ後はかなり体が軽くなります!

タイの伝統的なマッサージ手法なだけあって、タイマッサージ師になるのにも、結構数年月がかかるらしくて、マッサージの腕はピカイチだと思います!

やっぱり癒しを旅行にもとめているなら、タイ旅行はベストなチョイスだと思いますよ!

そして、タイの有名なマッサージ店はホテル近くにあることが多いので、バンコク観光で疲れ切った体をタイマッサージでいやしてあげるのは最高に癒されますよ!

食事やお酒を最高のロケーションで楽しめるタイ旅行!

タイでは、食事やお酒を最高のロケーションで楽しめるところがいっぱいあります。

海外旅行で回数が限られている食事くらい、いいロケーションで最高の食事を楽しみたいですよね?

特に、おすすめなのはリバーサイドにあるレストランで食事を楽しむこと!

シリラート病院、タマサート大学、ワットポーの近くにあるレストランが結構おすすめですよ。

観光フェリーからでも、簡単に行けますし、アジアンティークにもリバーサイドのレストランはたくさんあります!

こうした、よいローションで食事をたのしめるスポットを探してみるのも面白いですよ!

移動は基本タクシーなので終電とか気にしなくてもOK!

よく日本だと、食事やお酒を楽しみすぎて終電がなくなるとかありますが、タイだとそこまで心配いりません。

基本的には、タクシーを使って移動します。

もちろん、電車や高速フェリーを使って移動することも楽しいですし、その方が安いときもあります。

ただ、バンコクは気温が高く、35℃以上になるときもめずらしくありません。

なので、タイではタクシーを使って移動するのが普通です。

観光客もタクシー利用は必須なのですが、タイ語も英語もできないという方もいると思います。

そういう方にとって、現地でタクシーをとめて移動するのは結構難易度が高いかもしれません。

ただ、いまはグラブタクシーというサービスがあってネットでよさそうなタクシーの運転手を事前に選んでおいて、一日同じ運転手で移動できます。

グラブタクシーでは、もちろん「タクシーの運転手によるぼったくり」も心配いらないです。

グラブタクシーの使い方とか、料金などもまとめてみました!

タイの独特な伝統芸能や歴史、アートを楽しめる!

バンコクには、ホントにたくさんの寺院があります。

ワットプラケオ、王宮、ワットアルンなどそれぞれの寺院には、物語があるので、それをおってみると楽しめると思います。

また寺院によっては、長い歴史のあるものあや、現代のアートを取り入れた寺院などいろんな側面から、タイ文化や歴史を学べます!

タイの国立博物館では、タイの宗教についての歴史から、世界最初の農耕民族はもしかしたらタイにいたといった歴史的発見とされたものの展示など、タイでしか見ることができないものばかりです。

こうした、歴史や文化を博物館でゆっくり知っていったところで、実際に本物の寺院での歴史などを勉強すると、新たな発見も見つかるかもしれませんよ!

ちなみに、バンコクの博物館い行くと、駐在員の妻の方々がボランティアで、よく博物館では通訳や説明をしてくれたりします。

歴史好きな方は、きっとこころ踊ると思います!

また、タイの伝統芸能や文化を気軽に楽しめるサヤーム・ニラミットなどもおススメですよ。

タイ人は、いつも「サヌック=楽しさ」を重視するので、こうした伝統芸能を現代風にアレンジしたエンターテイメント性がつよく面白いショーも沢山あります!

せっかく、タイ文化に触れてみる時は、エンターテイメント性がつよいものを見てみると、気軽に学べるのでおすすめです!

タイ旅行したらタイのゴルフコースを一度は回りたい!

バンコクには、日系企業の駐在員や早期リタイアをした日本人の方々が結構います。

その方々の趣味で多いのが、ゴルフを楽しむということです。

タイには、日本人専用といっていいような充実したゴルフコースがあります。

よく、日本のお笑い芸人の方とか、結構芸能人も訪れるような有名なゴルフコースもあったりと、ゴルフが好きな方にとっては嬉しいコースばかり。

タイ旅行をした際には、一回くらいお気に入りのコースを回ってみてもいいかもしてませんね!

異国情緒あふれる、ナイトマーケットでショッピングを楽しむ!

異国情緒あふれる、東南アジアのナイトマーケットが大好きというは、絶対に楽しめるのがタイの4大ナイトマーケットです!

  1. アジアンティーク・ザ・リバーフロント
  2. JJグリーンマーケット
  3. タラート・ロットファイ・ラチャダー
  4. Wマーケット

が有名ですね。

アジアンティークは2012年にオープンした比較的新しい、マーケットで、エスニック風のお土産を買ったりするのにはうってつけの場所です。

また、ニューハーフショーや観覧車など、エンターテイメントがたくさんあるので、一度訪れてみたいマーケットですよ!

次に、JJグリーンマーケットはバンコクでも最大級のマーケットです。
木曜日~日曜日限定のマーケットで、店舗数はなんと800店です!

若者がこぞって集まってくるので、非常に活気があって楽しいですよ!

タイのなかで、最も活気のあるマーケットなどで、タイの者文化にもいたるところで触れることができたりします。

2015年にオープンしたばかりの、一番新しいほうの、ナイトマーケットがタラート・ロットファイ・ラチャダーです。

こちらは、買い物だけでなく食事やお酒を飲みに行きたい時は、絶好のスポット。

私もここへは、行ったことがありますが、タラート・ロットファイ・ラチャダーはフード屋台が充実していましたよ!

最後に、Wマーケットはギャリーやホテルなどが集まる商業施設「Wディストリクト」の一角にあるマーケットです。

ここわ、ニュークリエイティブをコンセプトにしていて、壁画やオブジェがあちらこちらにあります。

また、屋台を囲んだテーブルがたくさんあって、気軽にすわって食事やお酒をのめる絶好のスポットです。

お酒とアートが好きな方はおすすめです!

こうした、マーケットへの行き方や楽しみ方など、自力で調べると結構大変です。

旅行を心置きなく楽しみたい方は、ツアーの方が余計な面倒で、時間を無駄にすることがなくていいと思います!

バンコク経由で美しいビーチへも行けちゃう!

タイといえば、プーケットをはじめとする、リゾートエリアが有名ですよね?

実は、タイに長年住んできて学んだことは、プーケット以外にもきれいな海はたくさんあります。

その一つに、パタヤがあるのですが、パタヤ本島ではなく、パタヤ周辺にきれいなリゾートエリアがたくさんあります!

現地人が比較的、多いのですが、静かにリゾート地でゆっくりくつろぎたいという方にはおすすめです。

これ意外と知られていないので、結構穴場だと思います。

ただ、アトラクション系とか、リゾートホテルなどのクオリティーはやっぱりプーケットの方がいいですね。

交通の便もいいので、50代でタイ旅行に行かれる方は、プーケットの方がベターです。

プーケットに行って、浜辺でゆっくりと食事とお酒を楽しむ日々も味わえます!

まとめ

いかがでしたか?

タイにはたくさんの思い出をつくれることがあります!

ただ、タイ旅行は一度も行ったことがない人からすると、治安を心配する方がまだ結構います。

個人的な経験から言わせてもらうと、タイに長年住んできて感じることは、タイは治安いいですよ。

一人でどんどんいろんなところにいって、タイ人と直接触れてきてようやく理解できました。

タイの治安や注意店についてはコチラ

もちろん、観光客はいかない方がいいところはあります。

でもそれは、どこの国でも同じです。

タイ旅行にまだ行ったことのない方は、ぜひこの機会にバンコクを訪れてみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です