菊池風磨の大学学部は?世界一受けたい授業でイケメン英会話術を習得?

2018年2月17日19時56分から放送される、世界一受けたい授業に菊池風磨さんが出演します!

その番組では、何やら笑われない英会話術を教えてくれるとのことですが、そもそも菊池風磨さんの大学、学部を調べてみると、彼はすでに英語ペラペラなんじゃない?という疑問を抱いたので色々調べてみました。

菊池風磨のプロフィール

生年月日 1992年3月7日

血液型A型

身長177センチだそう。

ちなみに父親は、日本のシンガーソングライターの菊池常利さんだそう。嵐の名曲A・RA・SHIの作曲者だそうです。そんな方の息子さんだなんて根っからの、サラブレッド感がすごいですね。生まれ持った、音楽の才能が高そうですよね。

そして、菊池風磨さんは嵐に憧れて、ジャニーズ事務所に入ったそうです。そして、今現在も大活躍を続けている菊池風磨さんですが、忙しい仕事のかたわら、大学にも通い卒業までしているそうです。しかも、日本でも超名門の大学ですよ!

菊池風磨の卒業大学、学部がヤバい!

菊池風磨さんは、あの名門私立大学の慶応義塾大学の総合政策学部を卒業されているそうです。ちなみに、偏差値も65以上あったりする日本でも最難関にはいる屈指の大学です。

ちなみに、彼はAO入試で合格しているそうですが、それでも十代のころから仕事をしながら、勉強をしなければならなかったと思います。様々なダンスの振り付けなどを覚えるかたわら、入試対策をするのは相当な努力をしたのではないでしょうか?

そして、慶應義塾大学の総合政策学部は英語で授業をしたりたくさんの英語で書かれた本ももちろん読む機会が多かったと思います。そんな、菊池風磨の英語の実力は相当高いと思われます。背が高くて、運動神経もよくて、英語ができるなんていうとこなしのイケメンですよね。

そんな、菊池風磨さんが出演する世界一受けたい授業。そこでは、笑われない英会話術を教えてくれるそうですが、その内容が少し気になりました。

まさに世界一受けたい授業!笑われない英語の喋り方を教えて!

世界中から、日本人は英語がへたくそだと馬鹿にされていますが、一方で日本の有名ミュージシャンが英語でペラペラに話をしているところを見ると憧れますよね。

どうせなら、旅行先で英語を話す機会があったらかっこいい発音でスラスラ話したいものです。私も、よく海外旅行へ行くのですが、初めのころは英語を話すのに抵抗がありました。やっぱり、英語の特有なイントネーションは話すときに恥ずかったですね。

でも、東南アジアや東アジア圏の人々は第二言語としての英語に自信を持っています。アメリカ人やイギリス人から見られていても何食わぬ顔で、自信満々でコミュニケーションをしてきます。そんなところを見ていると、自分も日本人英語でもいいじゃんというある種の開き直りもできてきます。

それが、私にとっての笑われない英会話術なのですが、菊池風磨も出演する世界一受けたい授業ではどんな方法を教えてくれるのか楽しみですね!菊池風磨さんをはじめ、ゲストの人たちの反応も気になるところです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です