バンコク一人旅でここだけは絶対行きたいタイ世界遺産

タイの観光スポットいえば、タイ寺院というイメージが強い。黄金に輝く寺院は、タイならではの趣があり、初めてのタイ旅行者はみんな感動するもの。

ただ、タイに5つも世界遺産が存在していることは意外と知られていない。世界遺産認定は、未来へと継承されるべき重要な歴史遺産として認定されるという意義が大きいもの。

タイ王国の人々誰もが歴史的に大切だと認識していることから、その国の文化が色濃く反映されている。タイ旅行した際はぜひ訪れたい観光スポットになる。

タイ旅行とアユタヤ遺跡はマスト

バンコクへ訪れたら、アユタヤ観光は必ず訪れる観光スポットです。バンコクからは北に約70キロほど離れています。アユタヤには、1351~1767年に栄えたアユタヤ朝時代に建築された仏教寺院や王宮、仏教施設などの遺跡群があります。

この遺跡群のアユタヤ歴史公園が世界遺産と認定されています。

豆知識として、アユタヤ遺跡の大半が大きく破損しているのは、アユタヤ朝がビルマに滅ぼされたときに、王宮や仏教寺院が破壊されてしまったことによるものです。

ちなみに、エレファントランディングというアトラクションで、象に乗りながらアユタヤ遺跡を周回することもできます。

アユタヤ観光の経験から、見どころスポットをご紹介します。

ワット・マハータートの巨木の幹に挟まれている仏像顔。アユタヤといったら、この神秘的な光景を見るために訪れる環境客も多いです。私も初めてアユタヤ観光したときや友人を案内するときは、常に「仏像の顔が気に挟まっている場所」が見たいとのことでアユタヤを訪れています。

ワット・ロカヤスタは、アユタヤ朝後期に作られた涅槃物(ねはんぶつ)で、もともとあった寺院の廃墟に作れらたと言われています。1767年にビルマ軍の侵略により、当時の寺院の大部分が破壊されたとのこと。

全長57メートル、高さ8メートルもの涅槃物。400年近く昔に作られたものとは思えない大きさです。

北の方角に頭を向けて穏やかな表情を浮かべていますので、涅槃物の顔を覗いてみてください。

アユタヤ時代の仏教施設であるワット・プラ・シーサンペットです。キレイなアユタヤ遺跡なのですが、ここにアユタヤ王朝の3人の王の遺骨が納められていることは意外と知られてません。

1448年に仏教儀礼や王専用の礼拝堂として使われていたらしく、三つの塔それぞれに三人の王の遺骨が納められています。その昔、この仏教施設の東側に本堂があり、その中に全長17メートル、重さ200キロ近い純金の仏像が置いてあったそうです。

タイ世界遺産:スコータイ

アユタヤに次いで、タイの遺跡群として人気、世界遺産にも登録されているのがスコータイです。その歴史は1238年にまで遡り、タイで初めての王朝と言われます。第三代のラムカムヘーン時代に最盛期を迎え、近隣諸国とも関係をもち、タイ固有の文化形成に大きく寄与したといわれます。この時代にタイ文字の原型となる文字や、建築作法などが確立され、まさにタイ文化の源泉を感じるにはうってつけの観光スポット。

ちなみに、ユネスコ世界遺産には、城壁内とその周辺の遺跡のシーサッチャナーライ遺跡公園とカムペーンペット遺跡公園が登録されています。ロイクラトンの発祥の地としても知られ、その時期になると大盛り上がりを見せます。この時期は大変観光客がわんさか訪れてくるので、タイ旅行費用がかさむ時期です。どうしてもスコータイのロイクラトンを見たい方以外は、この時期を外すことも検討してみてください。

スコータイの魅力は、他の寺院観光スポとと比べると静寂に包まれています。静かに、歴史遺跡を堪能したい方にはうってつけ、タイで異文化に触れたいと考えているかたはタイ文化の源泉地に足を誇んでみてはいかかですか?

トゥンヤイ-フワイ・カーケン野生生物保護区

タイ遺跡群の世界遺産のほかに、タイには自然遺産も有しています。トゥンヤイ-フアイ・カーケン野生動物保護区です。バンコクから北西130キロ程度離れていますが、意外と近いのでびっくり。手つかずの自然が高く評価されている為、観光客の立ち入りが固く禁止されているエリアがほとんどですが、一部国立公園もありますので、重要自然遺産の片りんを感じられると思います。

遺跡ばかりで、飽きてしまったという方にタイで雄大な自然を感じるスポットとしてはおススメです。

ドンパヤーイェン-カオヤイ森林地帯

最後に、バンコクから手軽に行ける世界自然遺産があります。それがドンパヤーイェン-カオヤイ森林地帯です。バンコク北西部に広がる広大な森林地帯。カンボジアまでずーっと繋がっています。392種類の鳥類、112の哺乳類、200種類の両生類、手つかずの自然の生物多様性に恵まれた広大な森林地帯です。2005年にユネスコ世界自然遺産い登録されました。

なんと、ドライブウェイ中で野生のゾウさんもお目にかかれます!珍しい種類の動物もたくさん。有名どころはシロテナガザルとマレーヤマアラシ。地球上でもっとも原始的と言われるサル、スローリンス。地球上でタイのこの地域しか生息しない、世界最大のオオサイチョウも生息しています。運が良ければ、こういった珍しい動物たちにも出会えるかもですよ。

まとめ

以上、タイの世界遺産をまとめてみました。タイは遺跡巡りはもちろんのこと、手つかずの自然豊かな風景や珍しい動物たちとも出会える観光スポットも充実しています。まだタイへ訪れたことのない方、アユタヤ観光から試してみて見てはいかがですか?

もうタイへ何度も足を運んだことのある方は、手つかずの自然や、静寂に包まれたスコータイ観光にも挑戦してみるともっとタイが好きになります!

もちろん、タイ一人旅でも上記の世界遺産に訪れれば貴重な体験や、新たな発見ができるかもしれませんのでどんどん開拓していってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です