バンコク一人旅中に体調が悪くなったらタイの医療レベルは大丈夫?

一人旅はその自由さから、楽しいものです。スケジュール管理とかもマイペースにできて、臨機応変にあっちこっち行ったり来たりできます。団体で行くのも楽しいですが、同じ観光スポットに長時間、居続けたいとかあってもグループのスケジュールを優先する。そういったことが一人旅ではないのが魅力。気ままに、タイ中を旅行できます。

しかし、タイと聞くとまだ発展途上の国というイメージが強くて、特に医療分野に関してら日本よりも遅れているので心配という方が結構いますね。確かに、実際にタイでお腹が痛くなって病院に行ってしっかりとした治療ができるのかといったことは不安要素なので、はっきりさせておきたいところです。

今回は、実体験を紹介しつつ、タイの医療レベルに関しても紹介します!

タイで大量が悪くなっても大丈夫?タイ医療のレベルはどうなのか

大きな病気や手術の場合はさすがに日本に帰って治療を受けるはず。ただ、タイで治療するとなると医療レベルや信頼度が不安といった方は多いようですね。私も、タイに初めて行く前は『もし、タイで体調を壊して病院に行くってなったときは医療レベルは大丈夫なの?』といった同じ不安がありました。

それに関しては、まず日本の医療と少し違うところがあります。日本の医療と違い、タイには私立病院と公立病院があります。タイに旅行に来ている人は、海外旅行保険の関係上、私立病院を利用して診察を受けます。

そして、こういったタイの私立病院には欧米や日本で医師免許を取得した医師や、有名大学で医学部を卒業した医師など最先端の医療技術で診察を受けることは可能なので医療レベルの問題はないといっていいでしょう。

また、外国の病院ということで病院での医師とのコミュニケーションにも言語などを理由に困難なイメージがつきものです。ただ、バンコク病院には日本の医学部を卒業した医師が日本人クリニック以外にも皮膚科や眼科などに医院長として勤務しています。なので、日本語での診察もできて安心。

加えて、バンコク病院にはスポーツなどで負う怪我、関節痛や靭帯損傷などを専門とするスポーツ・運動医学アカデミー、BASEM (Bangkok Academy of Sports and Exercise Medicine)があります。この医療組織は東南アジアで唯一、FIFA認定のメディカルセンターで、タイ国内外のプロスポーツチームから高い評価も受けています。

なので、日本とタイの医療レベルは差はほとんどないといっていいでしょう!

タイの病院にお世話になった体験記!バンコク一人旅でも安心!

実は、私はタイ留学中に幾度か病院にお世話になったことがあります。当時は、タイに来て間もなくタイ人の知人もいない中、お腹がかなり痛くなり起き上がれないほどに…
おそらく、タイの水が体に合わなかったのでしょう…
あまりにもひどかったので、同じくタイに留学していた日本人のタイ人が私を病院へ連れて行ってくれました。少しばかり緊急だったので、現地の病院へ…、まず保険とかいろいろ心配なことはありましたが、海外留学生の保険にも入っていましたので大丈夫でした。
その病院で診察してくれたのがタイ人だったのですが、通訳のタマサート大学生も同行してくれていたこともあり、コミュニケーションもできました。そして、点滴を受けてから、処方された薬を飲み、体調もよくなり解決。
当時不安だった、タイ医療のレベルも全く問題を感じませんでしたよ。
上で紹介したように、外国人は基本的にバンコク病院に行きます。そこには、滞在中の日本人医師や英語も堪能な医師、加えて医療用語まで通訳できる専門の通訳士がいるのでとっても安心です。
タイを女性一人で旅行したりする時に、もしも体調が悪くなってしまったら…という風に不安に思う必要ありませんよ♪タイに日本とほとんど変わらない医療レベルの病院がありますからね♪
どんどん、誰も言ったことのないような場所へ探検してみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です