バンコク一人旅中にタイマッサージを受けるときに役に立つタイ語!

はじめて海外旅行やタイ旅行に行く方は、初めの数日は全てが新鮮なのでアドレナリンがでて疲れ知らずにガツガツ観光できますが後々辛くなるのも事実。

そんな時、救いとなるのがタイマッサージです。全身の凝り固まった筋肉をしっかり伸ばしきってくれます。体にたまった乳酸や血行がよくなることで、全身がよみがえったようにリフレッシュできますよ!ただ、マッサージを受けている時どうしても痛い時とかあります。そういう時に限って英語が通じなかったりしたことが結構あるので、今回はマッサージ中にも使えるタイ語をご紹介!

タイマッサージの時に役立つタイ語!

足つぼマッサージを受けている時のように、ホントに痛いときというのは頭が働きません。『痛い』としか言えない状態。恥ずかしながら、私は足つぼマッサージが得意ではなく、タイではちょっとしたトラウマもありました。

痛い時に痛いといえず、ずっと我慢し続けてしまった時は辛かった…当時は英語もままならなかったので、マッサージをしてくれるタイ人ともコミュニケーションは取れず。あの時、タイ語で『痛い』とか『止めて』やくすぐったいとか言えたらよかったなーと思うことが多々あります。

なので、ここでは実用的なタイ語をご紹介します。

เจ็บ(チェップ) :痛い!おそらく一番使うタイ語と思われます(笑)足つぼマッサージを受ける時に、どうしても我慢できないような痛みを感じる際にはチェップ!といいましょう。

หยุดค่ะ/ครับ(ユット・カ/クラップ) :止めてください。これは、もう十分かな?と思ったらこの言葉を言いましょう。

ขอบคุณค่ะ/ครับ(コープクン・カ/クラップ) ありがとうございました。これは、皆さんご存知のとおしのタイの挨拶です。

นวดตรงนี้ค่ะ/ครับ(ヌワットニー・カ/クラップ) :ここをマッサージしてください。

特定の体の部分をマッサージしてほしいときに使いましょう。指で場所を示しながら使うと、超便利!

体の部位はタイ語でなんていう?

ฝ่าเท้า(ファータオ) :足裏

หัว(ホア) :頭

คอ(コー) :首

ไหล่(ライ) :肩

แขน(ケーン) :腕

ขา(カー) :

タイ語にちょっと慣れてきたかな?と思ったら使ってみたい言葉

แรง(レーンぐ) :強く。นวดตรงนี้ค่ะ/ครับ(ヌワットニー・カ/クラップ) と組み合わせると、一番マッサージを受けたい部位に集中して癒してくれますよ!

เบา(バオ) :軽く。ちょっと、強すぎるかなと感じるときに使うと便利!タイ人のマッサージ師は笑顔で、OK!と返してくれます。

จั๊กจี้(チョカッチ) :くすぐったい。足つぼマッサージ前に足裏を拭いてくれるのですが、その時が一番จั๊กจี้(チョカッチ) です。

กำลังดี(カムラングディー) /ดีดี(ディーディー※ナチュラル) :丁度いい。この調子でマッサージを続けてほし場合は、この言葉が便利です。กำลังดี(カムラングディー)は少し、タイ人からすると変に聞こえるそう。なので /ดีดี(ディーディー※ナチュラル) の方が自然らしいのでベターです。

まとめ

いかがでしたか?タイ語は日本人からすると、面白おかしい発音をする言葉がたくさんあります。チョカッチとかバオとか普段聞きなれない発音をもと言葉を言うときのコツですが、とにかく自信をもってちょっと大きめの声でいうことです!恥ずかしいですけどね…そこは、これも思い出の一部になると割り切って楽しんでいけるといいかも?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です