バンコクの犬カフェで究極の癒しを!女性一人のバンコク旅行でも楽しめる!

最近、日本では犬カフェ、猫カフェ、フクロウカフェ、小動物から爬虫類系まで厚かった動物カフェブームですよね。実は、バンコク市内にも数々の動物カフェがどんどんできてます。

その中でも超人気犬カフェが、TrueLove@Neverland(トゥルー・ラブ・アット・ネバーランド)という、南国なのにシベリアンハスキー専門の犬カフェです。癒しを求めに、南国タイに遊びに来ている人も多いはず。今回は、大人気一押し犬カフェをご紹介します。

犬カフェでハスキーにTrueLove@Neverlandで癒される!

戦勝記念塔の近くの閑静な住宅街の一角に、タイでも有数のハスキー専門ドックカフェTrueLove@Neverlandはあります。店の外からでも、元気なハスキーたちの声が聞こえてきます。

そもそも、タイ人のハスキー犬ブリーダーがオープンしたのがきっかけ。そのため、犬の健康を第一に考えられており、ドックカフェに入る前の厳格なルールがあります。犬と触れ合う前から、誓約書を書いていくひつようがあります。そこには、犬に勝手にエサをあげたりしない。抱き着いたりしてはいけない。フラッシュをたいて写真を撮らないなどです。

もちろん、手はよく洗浄して専用の靴カバーを履いていよいよドックカフェに入れます。あと、入館時間なども決められており、12時30分と15時30分の二回にわたって入替制になっています。15分のガイダンスの後、一時間のふれあいタイムという流れ。

それまでは、犬たちは別室で悠々と待機。その間、入場券に含まれている1ドリンク、1デザートを楽しめます。

いよいよフワフワハスキーをなでまくりタイム!

最初の動画に見れたように、一斉に20匹以上のハスキーと他の犬種も併せて放たれます。ワンちゃんたちの大好物は氷。さすがに、もこもこしすぎて暑いのでしょう。氷をドックフードのようにバクバク食べます(笑)

あと、ハスキーブリーダーがやっているドックカフェだけあって、ハスキーたちのフレンドリーさにはたまりません。ハスキーたちは、元気が有り余っているので、ワーッと集まってきてもみくちゃにされます。この瞬間は犬好きにとっては幸せ。フワフワしたハスキーが周りにたくさん。

基本抱きつきはNGですが、スタッフがOKする場合はハスキーを背中にのせて記念写真を撮るのもOK!。スタッフが優しくのせてくれます。もちろん、しつけや衛生管理は抜群にいきとどいてますので、犬好きには最高に楽しめる時間になりますよ!

ちなみに、タイ人妻いわく、タイ人はフワフワした動物が大好きらしい。ハムスターとかウサギとかも大流行中らしいです。特に10代の女の子には、フワフワしたものが流行っていて、サンダルやアクセサリーなどフワフワだらけ。

南国なのにシベリアンハスキーという異色の組み合わせのドックカフェにぜひ行って、ハスキーたちと戯れて旅の疲れも癒される?

TrueLove@Neverlandのアクセス

住所:153 Soi Ari Samphan 2, Samsen Nai, Phaya Thai, Bagkok

 バンコクのBTS:Ari駅から徒歩20分です。できれば、タクシーでハスキードックカフェといえば通じます(笑)

営業時間 火曜日~日曜日 入替制:第1回目12:30~、第2回目15:30~(入場受付は各回30分前まで)
定休日 月曜日
入場料 350バーツ(ドリンク+デザート代込)

電話 +66-90-101-9669 / +85-908-2777

もっと詳しくこのハスキードックカフェについてみて見たい方は、以下のオフィシャルサイトをご参考に!

TrueLove@Neverland Facebook
https://www.facebook.com/neverlandsiberians/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です