バンコク一人旅したら絶対試してみたい!タイコーヒー

プレミアムコーヒが最高級コーヒー豆だというのは、実は間違いなんです。そのもっと上に、スペシャリティーコーヒー豆という最高級コーヒ豆が存在します。

コーヒー豆で、そこまで品質や味が違うことはそんなにないと思っている方もいるかもしれませんが、このスペシャリティーコーヒーだけは別格です。その中でも、特に圧倒的に美味しいと感じたコーヒー豆がタイのチェンライにあったんです。絶対飲みたいタイコーヒーをご紹介!

コーヒー豆を強く感じることができるコーヒーが好きな方、高品質で濃厚なコーヒーを飲んでみたい方にとって、タイのスペシャリティーコーヒーは特におススメです。

スペシャリティコーヒーとは

『際立つ印象的な風味特性があり、爽やかな明るい酸味特性があり、持続するコーヒー感が甘さの感覚で消えていくこと。
カップの中のコーヒーの風味が素晴らしい美味しさであるためには、コーヒーの種子からカップに至るまでの総ての段階に於いて、一貫した体制・工程で品質向上策、品質管理が徹底している事が必須である。』

出典:日本スペシャリティコーヒー協会

簡単に言うと、生産工程から加工工程など、コーヒーができるまでの全工程に、厳密な決まりがあり、それを守ることで、プレミアムよりも上のスペシャリティーコーヒーと認められるということです。

また、コーヒーを栽培する地域が、高品質な味をだすためには、重要です。タイのチェンライがある、タイ北部は、コーヒー栽培に非常に適しているといわれています。環境要因も、スペシャリティコーヒーにはとっても重要です。

これらすべての『最高のコーヒー』を作れる要素を兼ね備えたコーヒー豆が、タイチェンライの『ドーイチャーングコーヒー』です。

ドーイチャーングコーヒーとは

タイのチェンライ県にある、ドーイチャング村という村落が、立ち上げたコーヒー店です。彼ら自らが、育てたコーヒー豆を使って、新鮮で最高品質のコーヒーを提供していることで、貧しかった村人の生活水準を大きく改善させたことで非常に有名です。

ドイチャーング村のアカ族について

今は、グローバルに店を拡大させているドイチャーングコーヒーですが、10年前ほど前は、この店を立ち上げたアカ族はタイの中でも貧困層とみなされ、差別にくるしんでいた過去を持っています。

なぜなら、アカ族はタイ北部よりも更に北、ラオス、ミャンマーの国境付近で移住を繰り返していた民族だったのです。タイ国内の母語であるタイ語もろくに話せないこと、ロクな仕事にありつけないこと、他既存民族との確執など様々な困難がありました。

ドイチャーング村子供たちの未来のために

そんなか、1990年代にスターバックスの世界展開と共に、スペシャリティーコーヒーという新たなコーヒー品質基準が認知され始めました。それは、ドイチャーング村のアカ族は、高品質なコーヒーを栽培して認めてもらいさえすれば、世界中で高価格で売ることができるという望みを見出します。

長い苦難の道をどうにかして、乗り越え、タイに記念すべき一号店の開店。ドイチャーング村の子供たちの未来のために、堅実にドイチャーングコーヒー店を営んできたと言います。

そして、この熱き活動が、あるカナダ人投資家の目に留まり、アカ族と共にカナダにコーヒー店を起業します。この店の株式と利益の50%以上は、アカ族が所有し、生み出されたお金を村の生活改善のために使うことを固く規定されています。

この、株式と利益を50%も貧しい農村の人々の生活向上に使うビジネスモデルは革新的で、世界中から賞賛の嵐です。そして、世界中で『本物のフェアトレードコーヒー』と称賛されています。

Doi Chaagコーヒー公式ホームページ

ドイチャーングコーヒーの最高級コーヒー

スペシャリティーコーヒーはそもそも、世界中のコーヒー豆のたったの5%しか生産でいない希少コーヒー豆です。そのなかでも、特に高い評価を得ているドイチャーングコーヒー。

その味は、極上の一言です。何と言っても、圧倒的にコーヒーの味が濃いです。甘さも絶妙で、コーヒーの味わいと非常にマッチしています。ここまでの味わいのあるコーヒーを飲んだことがないほどの衝撃でした。

ちなみに、この時私は、チェンライにあるドイチャーング村へ直接行って、収穫したてのフレッシュなカプチーノコーヒーを頂きました。

あと、バンコクにも支店があり、バンコクに戻った後にも頻繁に飲んでもみましたが、ドイチャーングコーヒーの美味しさは筋金入りです。

徹底的な品質管理体制

有機栽培など、コーヒー栽培への力の入れ方も圧倒。摘果調整のノウハウ、土の健康管理、種皮加工、乾燥加工など細かなノウハウが研究しつくされています。

徹底的に研究されたコーヒー栽培のノウハウを、他の部族に教えるイニシアティブも行っているようです。ドイチャーングコーヒーアカデミーの写真。

アジア最大級のコーヒー加工施設も自社で所有してさえいます。この加工施設は近隣の異なる部族の人々も無料で使えることから、タイ北部のコーヒービジネスの総本山とみなして間違いないでしょう。もっと大きな町のチェンマイなどのコーヒーショップで提供されるコーヒー豆も多いらしいです。

ちなみに、バンコク一人旅をするときに、チェンライの山奥まで来てタイコーヒーを飲む必要はないですよ(笑)バンコクにもたくさん支店があるので安心!

まとめ

チェンライ、チェンマイで、最高品質でおいしいコーヒーを飲めるところが多々あります。そのなかでも、特におすすめなのが『真のフェアトレードコーヒーであり、最高級コーヒー』を提供するドイチャーングコーヒーをタイ旅行のついでに飲んでみてはいかがですか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です