バンコク一人旅したらタイ移住したくなったので移住費を計算してみた

タイ旅行を経験し、タイ通になる日本人がどんどん増えてきています。また『タイへ旅行したい』から、タイに住みたいと気持ちが変化しているかたも多い様子。日本でのギスギスした社会の雰囲気が合わず、タイ王国のような温かく、小さなことは気にしない国民性が好きな日本人がいっぱいいるのかもしれません。

ちなみに、私もその一人ですが、、

一回きりの人生をどう過ごすのかを真剣に考えてみてください。このままで本当に、あなたが望む人生における経験や思い出作りができ、満足できますか?ほとんどの方は、『No』と答えると思います。仕方がないという単純で最強な理由で自分の人生の可能性に蓋をしてしまっていませんか?

さて、ここでは今すぐタイへ住みたい、暮らしたいと考えているかたへタイ移住に関するまとめです。ぜひ参考にしてみてください。

若くしても、タイ、バンコク移住が可能です。ただし、それには資金とタイでの生活情報が必要です。タイ就職してタイで働くことを前提としてください。基礎的なタイ語もできないと、いざという時に大変。ここでは、タイ移住にかかる費用と生活費をまとめてみました。

タイ移住費用・基本的な生活費+移住初期費用

タイに移住するまでのお金の計算してみました。予想予算ですので、ご自身のプラン策定に活用してみてください。

項目金額
航空券往復12000バーツ
家賃6000バーツ
家賃デポジット(解約時帰ってくる)10000バーツ
ツーリストビザ(日本にて取得推奨)60日間で、更新する必要ありシングル=4500円
マルティプル=2200円
光熱費1700バーツ(電気1500バーツ、水道200バーツ、ガスは基本なし)
携帯端末5000バーツ(中古)
シムカード350バーツ
食費7500バーツ(一日あたり250バーツ)
交通費3000バーツ(一日100バーツ計算)
衣類2000バーツ
その他雑費5000バーツ
合計61350バーツ

合計で61350バーツになり、日本円で19万8千円がタイ移住にかかる予想総額になります。どうでしょうか、意外と高いなと思ったと思われます。タイ物価は日本と1/3ほど違うとも言われていますが、首都バンコクともなると、生活費、諸経費はバカになりません。

特にタイ語やタイに関する基礎知識が少ない方は、上記の金額が最低ラインと考えて間違いないでしょう。日本人タイ移住者は現地の勝手がわからず、バンコクの日本人コミュニティーでのアパート探しや生活をすることでしょう。そうなると、物価の違いはさほどなくなってしまうことになる。

念のため、上記の金額にプラス10万円をタイ移住初期費用の予算としてみてください。

上記の例を参考に1年間のタイ長期滞在の生活費を概算してみます。

まず、タイ、バンコク移住初期費用を差し引いた月額の予想生活費は、8万6千円となります。これの11か月分と初月の初期費用と合算しますと1年間で最低114万4千円の資金が必要です。この時、ビザの更新費用、一時的にタイ国外へ行く費用(ビザ関連のため)、医療費用は抜いてあります。従って、130万円から160万円が1年にかかってくる費用と考えていいでしょう。

つまり、タイ生活を安くしようと思ったら、タイ語やタイおける社会常識を知っていることが条件になる。数回のタイ旅行で、タイに住みたいとなると、十分な資金力が必要になるということ。

特に、若いうちにタイ、バンコク移住しようと思ったら、最低300万円の貯金は持っておきたいです。頑張って貯金しましょう。タイ就職してタイで働くことも真剣に考えておくべきでしょう。タイ語なども鍛えておくと役に立つことが多いのでおすすめします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です