バンコク一人旅したらタイティーを試してみたい!

タイティー、タイ語ではチャーイェンと呼ばれます。タイ北部では、紅茶の栽培をしていて、バニラの風味が強い紅茶を生産しています。が、希少な紅茶なので、タイ国内でのみ消費されているようです。

タイ観光をする際には、一度は飲みたいものです。ただ、あまり知られていないため、なかなか認知されていないのが現状です。

そして、ここでは、長年タイに住み、タイ人の妻を持つ私が、タイティーを飲むならば、ここしかないという、穴場をご紹介します!

タイに来たら、タイティーをここで飲もう!

Lukkaithongという、最高級タイ料理店で、最高のタイティーを飲むことができます。場所は、サイアムパラゴンの4階にあり、一見タイティーのようなスイーツを取り扱っていないようにも思います。

この店は、カフェレストランなので、普通に食事をしてから、デザートとしてタイティーを頼むのもおススメです。

ただやはり、最高級のタイ料理店なのでどうしてもお値段が少し張ります。そうはいっても、日本円にすると普通に、日本で焼肉を食べに行ったときと同じくらいですので、そんな高くないかも?

今まで飲んできた中のTOP1でした!

タイ紅茶は、そもそも茶葉にミルク風味があることや濃縮されたエキスなどから、ミルクティーを作る際に非常に適した茶葉とされています。その茶葉から作ったミルクティーは、とても濃厚なミルクティーです。

甘ったるいというよりは、茶葉の濃さが前面に出ていて、それをまろやかにする役目をミルクが担ってます。とても飲みやすい濃厚さでした。

これは、チャーマナーオといって、レモンテイスト(スダチのような柑橘系の果汁の入ったもの)のタイ紅茶になります。こちらは、タイティー(ミルク)と違い、さっぱりした、キリッとした紅茶の濃厚な味とさわやかなレモンテイストがマッチしていて、飲みやすですよ。

濃厚なものが苦手という方には、おススメですよ。

タイティーの粉かき氷

これは、今タイで大人気のタイティーテイストの粉かき氷です。タピオカの歯ごたえと、タイティーの絶妙な濃厚さが、ミックスしてフアっとした食感が癖になります。これもデザートの一種類として、おススメですよ。

タイ独特のデザートなので、旅行がてら試してみるのも面白いかもしれませんね。

場所

サイアムパラゴンの4階(4thフロア)にあります。ホテルからも、近いと思いますので、ぜひ暑いタイを絶品タイティーでのどを潤してください!

タイお茶をお土産に

タイの老舗ナンバーワンブランドの『Cha Tra Mue』のタイティーパックです。多くの観光客は買っていきますが、日本人観光客にはなじみがあまりないようです。この機会に、友人や家族に本場のタイティーを作ってあげるのも、楽しいですよ。

セントラルワールド(Central World)やBTSのアソック駅、BTS チットロム駅などで購入できますよ。

Cha Tra Mueの購入可能場所一覧

 

まとめ

本場のタイティーの中でも、特においしいものを、ぜひタイ旅行の際に飲んでみてください。それで、もし気に入ったら、友人や家族にもタイティーを楽しんでもらうために、お土産を購入するのもおススメです。

その際作り方も、教えてあげればなお、楽しめると思いますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です